看護師の選択はひとつじゃない

退職時期で病院側とトラブルになってしまった結婚を控える5年目看護師

退職時期で病院側とトラブルになってしまった結婚を控える5年目看護師

女性40代
小児科5年、内科2年、整形2年

看護経験は合計すると約10年です。
病院は3つ経験しており、それぞれが入院施設を持つ大きな病院でした。
私は病棟で勤務していました。

5年目でやめる

小児科で働いていましたが、5年で退職しました。
私の病院では、基本が3月の末でやめるということだったのですが、私は3ヶ月早い12月の退職を希望しました。

結婚退職

退職の理由は結婚が決まったからです。
私は中国地方に住んでいましたが、結婚して居住するのは東北地方だったことと、準備もあるため3月ではなく12月の退職を希望しました。

病院辞める時期がトラブルに

病院の慣習として3月末に辞めることが基本だと決まっていましたが、病院の就業規則で決められていたわけではありませんでした。
また規定通り辞める2ヶ月以上前に退職希望を申し出ており、何の問題もなかったのです。
しかし12月に辞めてしまうと、私の分が欠員になってしまい、新しい人を募集しようとしても募集をかけて人を見つけるまでに時間はかかります。
教育制度もしっかりしていた病院だったので、中途採用者や新採用者は4月から雇いたいというのが病院の希望だったため、私になんとか3月まではたらく期間を延ばすことはできないか、せめて1ヶ月だけでもとお願いをされたのです。

病院を説得する

予め師長には12月でやめる決意が固いことは伝えてありましたし、師長も事情をよく知っていたので、納得してくれていました。
しかし看護部や人事は納得してくれませんでした。
でも規則違反をしているわけではありませんし、私には何も非はないと思っていました。
また当時はまだ結婚式をする時期や場所を決めていなかったのですが、年明けに東北に転居して結婚式場を探す準備などをしようと決めていました。
彼ともいろいろな下見などの予定を立てていたため、変更は無理であることを何度も説明しました。
最終的には師長が看護部と人事を説得してくれて12月末に退職することが出来ました。

退職のトラブルに気をつけて

何の問題もないと思っていても思わぬところでトラブルがあるものです。
退職には余裕を持ってした方がいいです。

看護師の選択

看護師の選択はひとつじゃない